白熱灯と蛍光灯とは?それぞれの特徴やメリット、デメリットについて

白熱灯と蛍光灯に変わる新たな「LEDランプ」が急速に普及している!?

2017年10月25日 14時17分

白熱灯と蛍光灯の特徴やメリット、デメリットを色々とご紹介してきましたが、
ここで忘れてはならない照明器具である「LEDランプ」について簡単にご説明します。

ここ数年で飛躍的に成長を遂げているLEDランプは、発光ダイオードが電流を光に変えて光を発する未来を担う画期的な照明器具として注目されています。
屋外施設に設置されている街灯や信号、電光掲示板、さらにはイルミネーションなどを中心に、
白熱灯や蛍光灯に変わる新たな照明器具として大きく普及を続けています。
将来的には、メーカーによる白熱灯や蛍光灯の製造が中止されるともいわれるだけあって、早いうちからLEDランプに切り替える家庭が増えているようです。
 
 

今回は、照明器具をより効果的に利用するために知っておきたい「ランプの種類」についてご紹介しました。
白熱灯ランプ、蛍光灯ランプのほかにも、「LEDランプ」、「ハロゲンランプ」、「HIDランプ」といった種類のランプがあるため、
それぞれの特徴や特性、さらには光量や寿命などをいろいろと比較しながら適切な照明ランプを選ぶことがポイントです。
「加賀谷電気商会」では、電気に関わる材料として照明やランプなどの製品も多く販売しております。
他社では購入できなかった製品の取り寄せにも柔軟に対応させていただきますので、
一般住宅用、店舗用、施設用など、気になる照明用のランプがあればお気軽にお問い合わせください。