白熱灯と蛍光灯とは?それぞれの特徴やメリット、デメリットについて

白熱灯と蛍光灯とは?それぞれの特徴やメリット、デメリットについて

業界屈指の電設資材(電材)製品を揃える「加賀谷電気商会」であれば、みなさんがお望みの製品をいち早くお届けいたします。
個人で住宅用電材をご購入希望の方をはじめ、電気工事事業者の方や店舗運営をされている方、
さらには舞台で使用する照明器具を取り寄せたいという方など、幅広いジャンルのお客さまに対し、
確かな知識と専門性で急なご依頼にも迅速に対応させていただきます。
そこで今回は、加賀谷電気商会で取扱いをしております照明器具の中から「白熱灯」と「蛍光灯」という二つの電球(ランプ)の特徴やメリット、
そしてデメリットをご紹介します。

昔ながら電球といえば「白熱灯」

昔ながらの照明で思いつく一般的な電球(ランプ)といえば、「白熱灯」ではないでしょうか。
さまざまなワット数が存在する白熱灯ですが、発熱することで光を発することから光の調節が簡単という特徴があります。
また、光が照らす範囲も豊富で、色を鮮やかにみせるといった演習効果が高いことから、現在も舞台用の照明ランプとして多く利用されています。
 
《メリット》温かみのある光は目に優しい
最近では、LEDランプや蛍光灯ランプの影に隠れがちな白熱灯ですが、今もなお白熱灯を使い続けている人がいることからも、
魅力的な電球であることに変わりありません。
白熱灯のメリットは、「温かみのある光は目に優しい」という特徴があることです。
LEDや蛍光灯は、白熱灯の光に比べると白っぽい光になること、そして電磁波が多いことから長時間その光の中にいると眩暈を引き起こしたり、
頭が痛くなったりという人もいるようです。
 
《メリット》光の強弱を調節しやすく演出力が高い
白熱灯は、ほかの電球・ランプに比べて「光の強弱を調節しやすい」、そして「演出力が高い」というメリットがあります。
そのため、今もなお舞台用の照明器具には明るさの調節や容易な白熱灯が多く使われています。
部分的にスポットを当てたいときにも、白熱灯であれば簡単にオンオフができます。
住宅のキッチンの照明をわざと白熱灯ランプにするという方もいますが、
これは白熱灯ならではの温かみのある光が料理をより美味しく見せるといった効果があるためです。
 
《デメリット》ほかのランプ・電球よりも電気代が高い
昔ながらの白熱灯から蛍光灯やLEDに切り替えるという家庭が増えたのも、白熱灯には「電気代が高い」というデメリットがあるためです。
電力を使って発光させる白熱灯は、その分電力を多く使うことから電気代が高くなります。
そのため、長時間使うようなときには経済的とはいえず、電気代ばかりかかってしまいます。
そのため、一般家庭で白熱灯を使うときには、短時間だけ使うような玄関や廊下などに白熱灯を設置する、
またはスタンドライト用の電球として補助目的の照明器具で使うのがおすすめです。
 
《デメリット》耐久性が低く寿命が短い
白熱灯は蛍光灯に比べて「耐久性が低く寿命が短い」ことが弱点であり、早いときには数か月で切れてしまうといった製品もあります。
そのため、住宅や施設などに白熱灯を付けるときには、基本的にはあまり頻繁に使わない、または長い時間使わないような場所、
そして取り換えがしやすい箇所だけに限定して用いたほうが良いでしょう。
万が一、取り付けが難しい位置に白熱灯を付けてしまうと、その都度面倒な取り換えが必要になってしまうので利便性は悪くなってしまいます。 橿原 不動産